小説

【原神】山と海の書を完全翻訳!モンドに「風の翼」が生まれた理由

山と海の書を、日本語の文法ルールに則って丁寧に再翻訳しています。YouTubeにて朗読会もしています。

  目次
  1. 山と海の書

山と海の書

 ヴァニラーレと──の助けに感謝する。
 おかげで──を越えてこの山まで辿りつけた。

 この山は高く険しく、私が名付けるならば山頂の形にちなんで「とんがり帽子山」と呼ぶことにしようと思う。
 ざっと観察してみたが、東側からロープと杭を使えば登れそうだ。
 風を利用してフックをそこに──そして──。


 ──若者は誰も私とこの山に登ろうとしない。
 まれに挑戦者が現れても、すぐに年老いた冒険者に追い返される。

 「悪夢を征服する事はできぬ」

 彼らは口を揃えてそう言うのだ。
 先人らの失敗が若者の勇気を削ぎ、軟弱にさせた。
 だが、私はまだ老いていない。
 四肢も頭も十分に動く。
 とんがり帽子山は、私の挑戦を待っている山の一つに過ぎない。


 ──いい知らせだ。
 エルリックが私と一緒にこの山を登ってくれるそうだ。
 私は一人ではないのだと信じていた!


 ──この山を舐めていた。
 登ってから初めて分かったのだが、道と呼べるものがほとんど存在しない。
 まるで、精巧に彫られた巨大な石のようだ。
 家族が用意してくれた食料が山頂まで持つといいのだが‥‥‥。


 ──また怪我を負った。
 足の傷が特にひどい。左手の二本の指も凍傷でやられた。
 幸い右手の方は無事だったが‥‥‥。
 完治には数ヶ月掛かるだろうが、今はまだ諦める時ではない。


 ──悪い知らせだ。
 今日、エルリックが亡くなった。
 山の寒さと険しさを耐えるには、彼は年を取りすぎていたのだ。
 私はささやかではあるが彼を弔い、好きな酒と一緒にして埋めてやった。
 もう私一人しかいない。
 吹雪はまだ止まらない。
 氷が山を閉ざしてしまう前に登らなければ‥‥‥。


 ──また足を折った。
 軽い骨折で済んだのが幸いだ。
 氷を纏う強風に吹き飛ばされたが、私はまだ生きている。
 私は岩を握りしめ、必死の思いで崖を登り、なんとか山を下るための道を見つけた。
 もしあの時、氷に打ち付けられたり岩の間に挟まっていたら危なかっただろう。

 ──また傷が開いた。
 恐らく一年以上は山に登れないな‥‥‥。


 ──空が青い。
 ここ数日は吹雪が止んでいる。
 一羽のハヤブサが山頂よりも高い雲に飛び込んでいくのを見た。
 私には届かない高さだ。
 ハヤブサのように高い空を自由に飛べたら‥‥‥。
 子供のおとぎ話に出てくる、谷で飛ぶ練習をする鷹の雛のように──

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。