小説

【原神】森の風拾遺集・龍の書を完全翻訳!トワリンは何故モンドを憎んでいたのか?

森の風拾遺集・龍の書を、日本語の文法ルールに則って丁寧に再翻訳しています。YouTubeにて朗読会もしています。

物語をゆっくり朗読

森の風拾遺集・龍の書

 北風騎士の「狼」

 獅牙(蒲公英タンポポ)騎士の「獅子」

 西風セピュロス騎士団の「鷹」

 そしてトワリン──
「風龍」は遥か古来より、四風守護と見なされていた。

 かつて獅牙騎士がモンドを解放し、西風騎士団が設立された。
 そして北風騎士が入団した後、四風守護の信仰がモンドで広まった。
 それ以来、トワリンは守護の一柱となっている。

 現在より100年以上も昔。
 大陸全土は未憎悪の危機に瀕していた。
 数多の蛮族が存在し、魔獣が大地を蹂躙した暗黒時代。
 至る所が闇に飲まれ、人間はモンドの城壁内部まで追い詰められた。

 人々は苦境に立たされていた。
 獅牙騎士に相応しい者が現れず、西風騎士団も多くの兵を失った。
 そんな時、腐敗魔獣である毒龍・ドゥリンがモンドに襲い掛かる。

 人々は風神に祈りを捧げ、トワリンの召喚に成功する。
 トワリンはモンドの守護者として、ドゥリンとの死闘に挑んだ。
 戦いは相打ちとなり、両者もろとも空から落下した。

 一説では、トワリンがドゥリンの首を噛みちぎったとされている。
 ドゥリンの亡骸は寒天の雪山に落ち、トワリンは風神に召喚され再び長い眠りについた。

 人々は信じていた。
 再び世界が闇に飲まれた時、トワリンが目覚めモンドを救ってくれると。

 しかし、安寧の時代が続き、人々の記憶から四風守護の信仰心が徐々に失われていった。
 今ではそれぞれの神殿も荒れたままとなっている。


 [とある人物の注釈]

 騎士団と幾度となく戦った見知らぬ害獣「風魔龍」が、かつての四風守護トワリンだと気付いた時には、憎しみに駆り立てられた感情が和解できない段階まで進んでいた。

 100年に渡る長い眠りから目覚めたトワリンは、間違いなくこの町の裏切りを感じているだろう・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。