小説

【原神】モンドの地理誌-とある詩人の見聞録[再翻訳]

モンド

 自由の都、牧歌の城、北の明冠──
 これが吟遊詩人や芸術家たちの間で広く知られるモンドだ。

 どこにでもいるような平凡な吟遊詩人であるボクにも、一緒に旅をする仲間達のように詩や歌、酒とお祭りを愛している。
 ……いや、それがあってこそのボクだと言っても過言ではないかな。
 だから、ボクたちのような者から見れば、モンドにはどうしても惹きつけられてしまう魅力があるんだ。

 もう一つボクが気になっているのが、再びモンドの近くで龍の目撃情報があったことだ。
 噂は酒場や街角へと広がり、ボクの好奇心をうずうずと掻き立てた。
(ボクにも冒険者の血が入っているのかも?)

 だからボクは、ずっと憧れていた自由の都を訪れることにしたんだ。

 陸路に沿って出発する。
(ボクは景色が変わらない海を見るよりも、様々な風景を楽しめる山や平原の方が好きだ)

 険しい山道の奔狼領を越えるのは少し時間が掛かったけれど、4週間ほどでモンド城の外にある“囁きの森”に着いた。
 葉の擦れる音が風の中に響き渡り、その名の通り誰かが囁いているみたいだった。
 モンドは風神を祀っているから、これも風神が詩人達に与えた贈り物なのかもしれない。

 この時期はちょうど春と夏の変わり目で、暖かな季節をその肌から感じられた。
 星落としの平原は暖かい春風の下で生気に満ちていて、のびのびと育つイグサやスイートフラワーがボクの目を奪う。
 道中、龍の行方を探しにきた冒険者協会の人たちに出会うことが多かった。
 彼らがいたおかげで、ボクの旅路は思ったよりも安全に進むことができた。

 平原の景色はとても綺麗で、野宿もたまには悪くないなと思ったのも束の間。
 この旅は終わりを迎える。
 翌日、ボクはついにモンドへと辿り着いたのだ。
 シードル湖の透き通った水は、古くから使われている水路に沿ってこの都へと流れ、やがて広場の噴水の一部となる。

 街の階段をしばらく上ると目に入ってくるのが大聖堂だ。
 この都市で最も高い建物で、賑やかな街中とは違って静寂に包まれている。

 ボクがこれまで訪れてきた聖堂に比べて、ここは疑いようもなく最も雄大で壮観だ。
 修道女と信徒の祈りは聖堂らしい神聖さも感じさせる。
 けど、荘厳さで言えばボクが以前訪れた聖堂の方が上かな。
 もしかしたらこの街の自由な雰囲気が、大聖堂にも影響を与えているのかもしれない。

 それと、この大聖堂で忘れちゃいけないのがライアーの存在だ。
 例のライアーは風神バルバトスがモンドを解放した際に愛用していた代物で、ここ大聖堂に保管されている。

 風神バルバトスとライアーの伝説は、他の城の酒場で聞いたことがある。
(吟遊詩人と音楽家は酒場に集まるのが好きだからね)

 かつて、モンドは貴族に支配されていて、彼らは魔龍へ定期的に奴隷を捧げることで、偽りの平和を享受していたんだ。
 でも、吟遊詩人に扮した風神が、奴隷の一人だったヴァネッサに協力して魔龍を退け、モンドに活気と解放をもたらしたという。

 モンドは確かに開放的で、自由なところだ。
 その気風は街の至る所から感じられる。
 街にいた親切そうな女の子に道を尋ねた時、ボクが遠いところから来た吟遊詩人だと知ると、街中を一通り案内してくれた。

 正直言って、この“自称”騎士団のお嬢さんの奔放さと、熱の入り方は想像を絶するものだった。
 だって、街の案内が終わった頃にはもう深夜になっていたんだ。
 モンドの夜がどんなものか見て回る気力もなくなって、ボクはすぐにでも眠りたくなった。
 聖堂から聞こえる祈りの声でさえも、宿屋のベッドに対する恋しさを止めることはできなかった。

 ──おやすみなさい。
 次に目が覚めた時、素晴らしい詩が思い浮かぶように、モンドを守る風神様がボクに創作のインスピレーションをくれますように。

【必需品リスト】

・登山用の杖
(モンドの山は綺麗だけど危険だって聞いた。いざとなれば武器としても使える)

コンパスと地図
(他の詩人達はモンドの星空を褒めていたけど、大半の人は星で方角を測ることは出来ない、ボクもだけどね)

【テイワット野外緊急レシピ】by サバイバルのプロ「リン」
(全大陸で大人気の料理レシピ。旅をする人はみんな持っているベストセラーなのである)

食料、水、調理器具
(外で集めた食材で料理はできるけど、険しい道のりを考えると予備の食料も必要だ)

ノートと羽根ペン
(インスピレーションが降りた瞬間に記録する用)

簡易テントと寝袋
(キャンプ必需品。冒険者協会のオススメ)

火打石と携帯型ナイフ
(料理用、獣の攻撃も防げるかも)

・【エレンの詩~ベストセレクション~】
・救急箱
・モラ

風の城

風は蒲公英の種、詩歌と物語を遠くへ運び、穏やかな旅人を連れてくる。
──モンドへようこそ。

西風大聖堂

風神の敬虔な信徒が管理している聖堂。
かつては貴族が権力を示すための建物だった。

西風騎士団・図書館


北大陸で最大級の蔵書量を誇る図書館。
「禁書エリア」を除けば、全ての蔵書を自由に閲覧できる。

清泉町

郊外にあるのどかな町。狩人と甘い泉。
そして、泉に住まうとされる清らかな精霊の伝承を持つ町。

アカツキワイナリー

濃厚なブドウの香りが漂うモンド酒造業の荘園。

一度飲んだら忘れられない味で、モンドの酒飲みを虜にしている。

ある意味、酒飲みにとっての聖地とも言える。

風立ちの地

止むことのないそよ風が野原を撫で、かつての英雄が残した巨木が微かにざわめく。

星落としの湖

とある詩歌によると、星がこの大地に落ちて湖を作ったのだという。

別の詩歌では、星がこの澄み渡った景色に魅入られ、湖に落ちてしまったのだという。

ダダウパの谷

数百年の時が経ち、天地は平和を取り戻した。

鋼鉄の交わった詩、戦士が残した歌、妖怪と雷が揺らした大地の鼓動。

血のように赤い空。その記憶がこの剣塚に刻まれている。

千風の神殿

環状の古代遺跡。
千風が無数の物語を連れて集まり、無数の物語を遠くへ運ぶ場所。

風龍廃墟

塔の主はもういない。
廃都を渦巻く風は、低い唸りで誰も知らぬ最古の物語を囁く。

かの者は名もなき風の精霊。その歌で塔を震わせる。

バドルドー祭記事

 ボク達のような自由気ままな吟遊詩人は、目的地よりもその旅の過程を楽しむものだ。
 ──そのはずだったんだけど……。
 数十年間共にしてきた吟遊詩人としてのこのモットーも、モンドで破ることになった。

 今日でボクのモンド滞在は10日目。
 これ自体、当初の計画からは大きく外れている。
(本当は2日前に次の目的地へ出発するはずだったからね)

 その原因となっているのが、誰かに発見されるのを待っているかのような、そんな不思議な魅力がこの都にあるからだ。
 ボクが尊敬してやまない詩人「エレン」の作品と同じように、ここには抗えないほどの甘美な秘密が隠されている。
 それに加え、年に一度のバドルドー祭が開催直前という幸運にも恵まれてしまった。
 こんな滅多にない機会をこのボクが見逃すわけないよね!

 とある酔っぱらいの商人から聞いた話だが、今のモンドがまだ小さな集落だった頃。
 風神バルバトスが自由を象徴する鳥の羽根をこの地に投げ、その羽根が落ちた場所にモンドができたらしい。
 その後、モンドの人々は風神の祝福を祝うになり、それが次第に「バドルドー祭」になったんだって。
 15日間も続く宴と酒、詩や歌、音楽に花、そして祭典──
 モンド全体が自由の風に包まれるんだ。

 ボクがモンドに着いた時、街の人はすでに祭典の準備を始めていた。
 酒場やレストランの入口には、店主たち自慢の料理が所狭しと並べられている。
 アカツキワイナリーから取り寄せられた様々な酒とワインの山。
 そしてチーズやバーベキューの具材に果物、人々を惹きつける香ばしい匂い。
 それらが風神の導きの下で、幸福をまとって街中に溢れているんだ。
(ちなみに、ボクを信じてほしいんだけど、モンドのお酒はテイワットで一番美味しいんだ)

 民家の玄関には、マダムたちお手製の「風神の加護を意味する羽球」が飾られている。
 その美しさに詩人たちは思わず足を止め、詩を捧げずにはいられなくなるのだ。

 もちろん、多くの人にとっては所詮、祭典は賑やかな催しに過ぎない。
 その本質はどれも大差がないことにはボクも同意するけれど、細かな所に目が行きがちな詩人にとっては別である。
 このモンドのバドルドー祭は、大陸でもひときわ特別なものだと認めざるを得ない。
 ボクのようなヨソ者でも、この祭典からはモンドでしか味わえない精神の独立と、自由な気風を身に染みて感じることができるのだから。

 ボクから見て、テイワット大陸にある他の地域に比べて、モンドの気風はかなり自由と言える。
 そして、バドルドー祭は人々の情熱を解き放つことで、その自由な気風を余すことなく表現できるものだとボクは感じている。

 お祭りが佳境に入る最後の数日間。
 広場では空を飛び、競い合う大会が行われる。
 ボクが周囲の人と一緒になって応援していると、初日にモンドの道案内をしてくれたお嬢さんがいることに気付いた。
 案内をしてくれた時、自分は飛行チャンピオンだと自慢げに教えてくれた彼女のことを少し疑っていたけれど……。

 彼女が風に乗って飛ぶと——
 まるで煌めく火の光が空を駆け抜けるかのようで、風の中で流麗な線を描く姿は素晴らしいものであった。
 その姿を目にして、風神バルバトスが与えた自由と勇気は、力強い生命力や意志となり、人々の血に深く刻まれていると認めざるを得なかった。

 ボクは風神に謝罪しなければならない。
 第一印象で、彼の加護を受けた民のことを疑ってしまったからね。
 大会が終わった後、ボクはあの真っ赤な少女のために作った詩を、広場で一番目立つ風鈴にこっそりとかけた。
 モンドの飛行チャンピオンが、ボクのお詫びと祝福を受け取ってくれることを切に祈りながら──

 深夜、ボクが宿屋に戻った後も人々の談笑は続いていた。
 窓から街の明かりを眺めながら、ボクがいつか旅を続けられないほどの年寄りになった時。
 モンドの郊外に、日差しをたっぷり浴びられる場所を見つけて家を建てたいと、そう思った。
 そして、誰かがエンジェルズシェアの酒を持ってボクの家を訪ねてきてくれたら、ボクが持てうる限りの詩でおもてなしをするんだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。