キャラ物語

【原神】ガイアの好感度ストーリーを完全翻訳!実は異国のスパイだった?ディルックとの関係とは

ガイアの好感度ストーリーを、日本語の文法ルールに則って読みやすく再翻訳しています。YouTubeにて朗読会もしています。

物語をゆっくり朗読

Profile


 ガイア・アルベリヒは酒造名家「ラグヴィンド」家の養子である。

 彼がディルックを「義兄」と呼ばなくなってから、随分と長い時間が経つ。


 現在のガイアは西風
セピュロス
騎士団の騎兵隊長。

 代理団長のジンから信頼を置かれ、行動的で頼れる人物である。

 このモンドで何か問題が起きた時、その後始末をするのはいつもガイアなのだ。

EpisodeⅠ


 面白いことに、この騎兵隊長と最もよく遭遇できる場所は、騎士団本部ではなく夜の酒場である。

 彼はいつもカウンター席に腰掛け、モンドで有名な「午後の死デス・イン・ディス・アフタヌーン」を飲みながら、モンドの酒飲み達との会話を楽しんでいる。


 ガイアは年寄りと酒飲みの間で特に人気があり、「安心して孫娘を託せる男」という肩書きまである。

 会話を楽しみながらゆっくりと酒を嗜む。

 西風騎士団の騎兵隊長に、これほどの親しみやすさを結びつけるのは難しいだろう。


 ガイアの酒の相手にはほろ酔いの狩人もいれば、酒好きの盗賊もいる。

 警戒心がどれだけ強い彼らであっても、ガイアの前ではつい本音を漏らしてしまう。

 その後が悪夢となるか、それとも単なる笑い話で済むか。

 それは彼らがうっかり話してしまった内容で決まる。


『誰もが秘密を持っているが、誰もがそれを正しく扱えるわけじゃない』

 ガイアは小憎たらしい微笑みを浮かべながらそう言うのだった。

EpisodeⅡ



「正義に絶対的な決まりはなく、力と策のバランスによって生じる結果だ。だから、その過程で自分を責める必要はない」

 ガイアはかつて、大団長ファルカの前でそう口にしたことがある。

 結果が期待通りであれば、その「過程」の形に拘らない。


 この考えが、ガイアの枠にはまらないやり方と、自由気ままな態度を作り上げた。

 まるで、刺激の強い「午後の死」のように。


 だが、この自分勝手なやり方は多くの批判を招くものだった。

 かつて、盗賊団の頭目を真正面から打つため、ガイアは遺跡の守衛を意図的に起動させたことがあった。

 その結果、盗賊の退路を断つことには成功したが、それと同時に仲間と、自分さえも危険に晒すこととなった。


 彼のことを信頼しているジンであっても、このやり方に対して首を縦に振ることはない。

 しかし、それでもガイアは過程を気にしない。

 むしろ、他人に責められるような状況を楽しんでいるようにすら見える。


 仲間が戦う時に見せる一瞬の気の迷いも、決死の覚悟を決めた相手が恐怖を隠そうとする姿も、ガイアにとっては大好物である。

EpisodeⅢ


 長い歴史を持つモンドの酒造業は、この地に富を運びそして同時に盗賊と魔物を引き寄せた。

 影に潜むそれらの本質は複雑で、集まる理由も様々である。

 モンドに侵入してくる盗賊と魔物に対抗するため、ガイアは剣だけでなく頭脳とユーモアも駆使して戦った。


 とある若い騎士が数年かけて彼らの行動を調査した結果、その目的はガイア自身も驚くべきものだった。

 ──名酒「午後の死」の出荷時期が過ぎると城内での目撃情報が減り、次の出荷時期が訪れると再び増え始める。

 若い騎士は騎兵隊長から助言を貰おうと、この報告書を緊張した面持ちでガイアに見せた。


『‥‥‥いい考えだ。参考にさせてもらうぜ』

 目の前の不安そうにしている騎士を前に、ガイアは不敵な笑みを浮かべながらそう答えた。

EpisodeⅣ


 ガイアは普段からとても饒舌な人物だが、自分の過去に関することとなるとその口を堅く閉ざしてしまう。

 たとえそれが大団長の命令であったとしても、真実を話そうとはしない。

 彼は当たり障りのない言葉で、自身の身の上をこう説明する。


『あれは今から十数年前。ある夏の日のこと。俺は父に連れられ、アカツキワイナリーの前を通りかかった』

『父が「ブドウジュースを買ってくる」と、そう言っていたのを今でも覚えている。だが、行ったきり父が戻ってくることはなかった』

『あの時クリプス様が助けてくれていなければ、俺はもう死んでいたかもしれないな』


 現実味のある話のように聞こえるが、これは真実を隠すための作り話である。

 あの日にあった本当の出来事を、ガイアは誰にも語ったことがない──


「これはお前に与えられたチャンスだ。我々にとってお前は最後の希望だ」

 父がガイアの細い肩を力強く掴んでいる。

 だが、その瞳はガイアではなく遥か遠い先を見据えていた。


 地平線の果てに、この親子の故郷ルーンカイアがある。 

 ガイアは父の期待に籠った眼差しと、憎しみが混ざり合ったあの瞳を忘れることはないだろう。

EpisodeⅤ


 数年前、モンドの中でも一際目を引く二人の少年がいたことを、今でも多くの人々が覚えている。


 そのうちの一人は完全無欠な紳士ディルック。

 在りし日の彼は情熱に満ち溢れた剣士であり、優しい笑顔と自信に満ちた姿が印象的な少年だった。


 そしてもう一人が、異国の風貌を持つガイアである。

 あの頃のガイアはディルックの友人であり、協力者だった。

 ディルックの「頭脳」として動き、戦いの後始末をする。


 彼らはまるで心が通じ合った双子のように、「表」と「裏」からモンドを守り続けた。

 彼らの辞書に「失敗」の二文字はなかった。

 ──あの夜までは。


 ディルックが護衛していた馬車が、森で突如魔物の襲撃を受けたのだ。

 あの事件はガイアにとって初めての失敗だった。

 彼は急いでその場に向かったが、到着した頃には何もかもが終わっていた。


 ディルックの父親が、正体不明の力を操って魔物を撃退したものの、その反動で命を落としてしまった。

 ガイアとディルックは目の前の光景に呆然とし、騎士が持つべき冷静さを失っていた。


『クリプス様のような人でも、こんな力に手を出すとはな‥‥‥』

 とある考えがガイアの頭をよぎり、彼は静かに笑みを浮かべた。

『この世界は本当に‥‥‥面白い』


 共通の「父親」を失った夜。

 二人の少年は別々の道を歩み始めた。

ある名簿


 騎士団の公文書に書かれている名前の名簿リストが、「アンゲロス探偵集」という本に挟まれている。

 名簿リストにはモンドに潜む盗賊、傭兵に宝盗団の人名、並びに活動範囲などが記されている。


 そのうちの十数名には印が付けられており、その隣に「彼らを退屈させないように」と書かれている。

 このリストに対してガイアは「酔っぱらって適当に書いた」と説明している。

 彼が意図的にこの名簿リストを見せている気がしないでもないが、その証拠はどこにもないのだ。

神の目


 ガイア・アルベリヒが「神の目」を手に入れたあの夜、モンドの大地には大雨が降り注いでいた。


 その日、クリプス・ラグヴィンドが「邪眼」の力を強引に引き出し、邪悪な力に体を蝕まれた。

 ディルックは父を苦しみから解放するため、自らの手で父にとどめを刺したのだ。


 養子であるガイアは、それを見ていることしかできなかった。

 親子の惨劇に溶け込むことができなかった。

 まるでクリプスの死を悼むかのように、モンドの空からは大雨が降っていた。


 ──ガイアには人に知られていない秘密がある。

 彼はカーンルイアがモンドに送り込んだスパイだったのだ。

 その使命を果たすため、ガイアの生みの親はこの異国の地に彼を捨てた。


 あの時のガイアを引き取ったのはクリプスだった。

 もし、カーンルイアとモンドが戦争になったらどちらに付く?

 自分を見捨てた生みの親と、自分を助けてくれた養父、どちらを助ける?


 ガイアは長い間、この問いに答えを出せずに苦しんでいた。

 本音を表に出さない彼にとって、使命と忠誠、信頼と幸福を同時に手に入れることは出来ない。

 だが、クリプスの死がこの均衡を崩した。


 長らく続いた苦しみから解放された瞬間、ガイアは己の利己的な考えに嫌悪すら抱いた。

 ディルックの義兄弟として、彼と共に悲しみを分かち合うべきだったのに、ただ後ろに隠れてかつての陰謀を考えていた。

 ──クリプス様を助けるべきだった。

 だが、それは間に合わなかった。


 罪悪感に囚われたガイアは、これまで秘密にしてきたことを全てディルックに明かした。

 ディルックが激昂することは最初からわかっていた。

 二人の兄弟は互いに剣を抜き、相手へと向けた。

 これは今まで騙してきた報いだと、ガイアは心の中で理解していた。


 戦いが始まると、ガイアは初めて身体中に迸る凄まじい元素の力を感じた。

 本気で義兄と向き合ったのは今回が初めてのことだった。

 これまではディルックの影響で、彼が全力を出して戦うようなことはなかった。


 冷たくて脆い元素の力がディルックの炎とぶつかり、凄まじい爆発を引き起こす。

 ガイアの「神の目」はこの時に誕生した。


 あの日から二人の関係に変化が生じ、互いに距離を置くようになった。

 そして、ガイアは自分の「神の目」に関する情報を一切口にしない。

 例えそれが全力の一戦、家族に本音をぶつけた結果の先に生まれたものだったとしても──

ガイアの好感度ストーリーが良かった、読みやすかったと思った方は、是非↓のSNSボタンから拡散をお願いします!

関連記事